デジタル

今までのPRとインターネット時代でのPRを融合させるソリューション

インターネットは今までのコミュニケーションを劇的に変化させました。今や世界中がネットワーク化された環境においては従来型のPRアプローチであるプレスリリースや新聞広告は効果が薄れてきているとも言えます。ブログやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のユーザーは急激な増加をみせ、影響力の高い論評や情報を限りなく配信し続けています。

日本において、フライシュマン・ヒラードはソーシャルメディアの活用においては多数の 実績をもっています。欧米ではデジタル構想を前面に打ち出し、既にサービスとしても提供しております。その他の多様な成功事例に 基づきデジタル戦略は順調に成長しています。アジアパシフィック地域はもとより、世界中で新しいメディアソリューションに特化した サービスを展開するために、デジタルコンサルティング部門を日本に設立し、お客様に、より高い付加価値のサービスを多岐に わたってお届けいたします。

提供するサービス

  • PR・マーケティング・営業活動を、オンラインとオフラインの両側面で統合
  • インタラクティブコミュニケーション、顧客、ステークホルダーとの関係構築の促進
  • オンラインにおける、ユーザーとの相互作用とメッセージの質と量を増強
  • 新たなコミュニケーション、マーケティングチャネルの構築
  • オンライン上での商品、サービスおよびブランドの測定
  • Webサイト、メッセージ訴求率の測定
田中 愼一

代表取締役社長
フライシュマン・
ヒラード・ジャパン

email »