戦略医療コミュニケーション

Patient-Centered Approach
“最善のコミュニケーションで、全ての患者さんに最適の医療を”
それがFHJのヘルスケア・コミュニケーションの目指すべき姿です。

医薬品や医療技術は“試し買い”や“一括購入”できるものではなく、“適切な患者さん”に、“適切なタイミング”で、“適切な方法”で使用されてこそ意味があります。また、それらの有効性は見た目で確認することが困難なうえ、誤った使用は健康被害に直結するため、疾病や予防・診断・治療について、エビデンスに基づいた正確な情報を届ける“ヘルスケア・コミュニケーション”は、非常に社会的意義の大きい分野だといえます。

さらに近年、ヘルスケア・コミュニケーションを取り巻く環境は大きく変化しています。その一つは社会一般の「健康(医療)」に対する意識の変容です。自らの健康に対する意識の高揚に加え、医療技術が進歩していることもあり、ヘルスケア市場は“治療”から、“診断”さらに“予防”領域へと拡大の一途をたどっています。一方、医療用医薬品市場は外資系企業の参入や国内大手企業のM&Aなどにより競争は従来以上に激化しており、企業存続のためには患者さん(消費者)のニーズを的確にとらえ、迅速に応えていく力が不可欠です。

FHJのヘルスケア・コミュニケーションは、Patient-Centered Approachという基本理念のもと、全ての患者さんに最適の医療を受けていただくことを目指しています。例えば、まずは全国的に影響力の大きなメディアを活用して疾病に関する認知を広め、第二段階として地方紙・コミュニティ紙など地域密着型メディアを通じて地元の医療機関・専門医情報など「手の届くソリューション」を提供し、受診行動にまで確実に結びつけています。

また、“社会一般の認知不足・誤解・偏見”“制度の不整備”“患者さんのインサイト”など、適切な治療を妨げる課題(イシュー)を炙り出し、その解消策も併せて可視化させるコミュニケーション手法(イシューブランディング)もFHJが提供するサービスの特徴の一つです。

情報が氾濫する時代だからこそ、“恐怖心を煽るのではなく、患者さんが前向きに疾病(健康)と向き合えるコミュニケーションを実現する” そのために、FHJが果たすべき役割は必ずあると考えます。

提供するサービス

  • OTC製品や処方薬のローンチコミュニケーション
  • コーポレートブランディング
  • メディア・ツアー
  • 患者(団体)との関係構築サポート
  • 患者オピニオンリーダーの米国ツアー実施
  • 大学・研究期間とのタイアップ調査
  • 消費者向け健康教育キャンペーンの展開
  • リスク/クライシスコミュニケーション
  • 製品撤退時コミュニケーションサポート
田中 愼一

代表取締役社長
フライシュマン・
ヒラード・ジャパン

email »