内部統制コミュニケーション

「仕組み」よりも社員の意識変革

2008年4月よりJ-SOXの導入が始まりました。本格的なコンプライアンスの時代の到来です。企業の透明度を高め、しっかりと説明責任を果たして行くことが経営トップに求められてきます。そしてそれが企業価値の維持・向上に大きな影響を及ぼします。情報開示のレベルが高まると企業の潜在リスクを顕在化させ、その都度、経営トップは社内外のステークホルダー(利害関係者)に対してしっかりとした説明責任を果さなければならなくなります。適切でないメッセージを発信すると新たな危機を生む事態にもなりかねません。更にはコンプライアンスの弱い企業は敵対的M&Aの対象になり易いという傾向があります。またコンプライアンスンスへの過度な対応は、統制色を強め、社員をはじめとするステークホルダーのモチベーション低下を生み、しくみの形骸化とともに組織全体の活性化に大きな影響を招く恐れがあります。コンプライアンスの仕組みだけの導入は危険です。社員やその他のステークホルダーがそのあらたなコンプライアンスの仕組みを理解するだけではなく、受け入れ、行動としてコミットメントするまでの意識付けが導入成功の鍵を握ります。このように内部統制の導入には様々なコミュニケーション上の課題が山積しています。適切な状況把握、適切なメッセージ構築と発信、適切な意識付け、さらには継続的な導入効果の測定が連動して動くことが重要です。

FHJではこれらの一連の活動を有機的な繋いだ戦略コミュニケーション・サービスとして提供します。

提供するサービス

  • コンプライアンス・内部統制の導入に向けた組織改革プログラムの策定と実施
  • 効果的教育・研修の実施
  • 定着プロセスの導入
  • 人事評価・表彰の反映
  • 社内浸透度のモニタリング
田中 愼一

代表取締役社長
フライシュマン・
ヒラード・ジャパン

email »