危機管理コミュニケーション

何が脅威となるかも予測できない
クライシス時代の危機管理コミュニケーション

あらゆる要素がリスクとなりうる現代、企業では危機の常態化が起こっています。危機とはあくまで非日常の出来事だった「クライシス1.0」の時代は終わりを告げ、企業を取り巻く環境は「クライシス2.0」に突入しています。サイバーテロ、敵対的TOB、情報漏洩……リスクは外部、内部ともに多様化し、何が脅威となるかも予測できない時代。そんな新時代の脅威から身を守る、新しい危機管理コミュニケーションが求められています。

そのためには脅威によって影響を受ける相手、そして協力関係にある人々に向けたコミュニケーション戦略の強化が重要です。被害を受ける相手ばかりを見ていた従来の危機対応コミュニケーションから、被害者へのケアと同時に株主、従業員など協力者へのメッセージ発信を両立できる体制作りを。事態が収束したのちに、傷付いたブランド価値の再構築をともに行っていく人々への対話は、企業の再生において不可欠です。危機が現実ものとなった時、FHJはまずステークホルダー別のリスクを把握し、事態収束へのシナリオを迅速に作成します。

またFHJでは、平時からの有事発生に向けた社内システムの導入に重点を置き、現体制の把握と事業継続のためのプランニングなど、多角的な視点での平時における危機管理プログラムを提供しています。そして従業員の危機対応能力向上のための教育、また内部からの危機発生防止を目的とした定期的な意識調査など、社内の意識醸成とシステムの構築を行います。365日が有事といわれるこの時代だからこそ、FHJは平時における管理体制強化、そして有事の際の実戦力の両面から、新たな危機管理コミュニケーションのあり方を支援します。

提供するサービス

  • 平時における危機管理意識の醸成と、危機対応コミュニケーション戦略
  • クライシス・レベル認定チャートの作成
  • 危機管理マニュアルの作成、関連ツールの策定
  • 危機管理体制(組織)構築の支援
  • 危機管理意識の社内浸透
  • スポークスパーソン・トレーニング
  • 危機管理コミュニケーション
  • クライシス状況でのコミュニケーション活動戦略策定
  • 情報収集活動
  • リカバリーステージの戦略策定
田中 愼一

代表取締役社長
フライシュマン・
ヒラード・ジャパン

email »