戦略マーケティング

商品の可能性を見つめなおし、ブランド価値をも育てていく
戦略的コミュニケーションの力をマーケティングに

多くの産業が成熟期を迎え、企業は今、競合他社との差別化を求められています。消費者はより高い付加価値、ずば抜けたブランドイメージを持つ商品を求め、ただ商品を売るだけの従来のマーケティング手法は、もはや通用しない時代となりました。売ることを最終目的とした従来のマーケティングから、企業ブランド力の向上までも視野に入れた、企業価値を育てるマーケティングへの転換。それには、よりグローバルな視点からのマーケティングが可能となる、戦略的コミュニケーションの考え方を取り入れることが必要です。 戦略的マーケティング・コミュニケーションの核、それは商品の特性を見つめなおすことにより、これまで矛盾しがちだった商品と宣伝の発するメッセージを一貫させ、さらにインパクトと広がりのあるマーケティング活動を展開することにあります。幅広い分野からの客観的なアプローチにより、これまで見えてこなかった商品の可能性の再発見、さらには本当に求めている人に確実にメッセージを届けるための徹底的なターゲット分析を可能にします。その一手法として、FHJではその商品に有利に働く社会的課題(イシュー)を用いて世論を喚起する、イシューブランデイングを採用。様々な分野に精通したインテリジェンスによる高いイシュー設計能力、そして世論の共感を獲得できるインフルエンサーの選択眼によって、商品を直接的に売り込むことなく、商品イメージ、さらには企業のブランド・アイデンティティーの向上を実現します。

ただ、モノを売れば良いという時代は、終わりを告げました。商品の本質を見つめなおし、可能性を広げ、企業のブランド価値向上へとつなげていく。それが新時代のマーケティング・コミュニケーションです。

提供するサービス

  • マーケティング活動支援
  • マーケティング戦略策定
  • イベント企画・運営
  • マーケティング/営業ツール開発
田中 愼一

代表取締役社長
フライシュマン・
ヒラード・ジャパン

email »