戦略コミュニケーションの奥義、“自分との対話を制する”(後編)

夏目漱石の「草枕」の冒頭の文章が示唆に富む
「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい」
智に働く、情に棹さす、意地を通す、すべて自分である。ここを抑えれば、とかくに人の世は住み易くなるのである。

リーダーは“儀式”で心の呪縛を粉砕する
人間は思い込みの動物である。思い込みがないと人生生きていけない。重要なのは“適切な”思い込みを持つことである。
仏教では思い込みを妄想×煩悩と言う。何を妄想×煩悩するかによって心の呪縛が生まれることを説く。よって妄想や煩悩をコントロールすることで心の呪縛を解くことができる道理である。自分との対話力を培い妄想×煩悩を飼いならすことが仏教の考え方である。ただ、妄想×煩悩とは猛獣のようなもので、下手するとこちらが喰われてしまう。如何に飼いならすかは至難の技と考えた方が良い。
甘く見ないことである。多くのリーダー達が自分の中にある“猛獣”を躾けるため必死に創意工夫を凝らし“自分との対話”を実践している。いわゆる“儀式”を持っている。自分との対話の“ルーティーン”である。
その内容は様々である。ジョギングをする、ジムで筋トレをやる、夜中に密かにヨガに入る、早朝にお経を唱える、茶道を嗜むなど多様である。ある70代半ばのビジネスリーダーに言われたことがある。50代では1日1時間、60代では2時間、70代では3時間、自分との対話の儀式に時間を使へと。本人は早朝5時に起床、10キロ近く走り、そのあと呼吸法を実践している。車の運転もそのルーティーンの1つでトータル1日3時間はこなしている。
成功体験の年輪を重ねると傲慢になってくるのは人の性のようだ。自分との対話を通じて、この傲慢さと向き合い自らを律することが成功を重ねるとリーダーにはますます必要になってくる。
石川島播磨重工や東芝を再生させ、政界、財界にも睨みを効かせた土光敏夫元経団連会長などは“メザシの土光さん”と愛称がつくほど生活が質素であっただけでなく、毎朝4時に起床、長時間お経を唱えることを日課としていた。これなどは、まさに自分と向き合うためのルーティーンである。

元寇の乱で元軍に勝利した北条時宗が師と仰いだ無学祖元という禅僧が時宗に禅を説いた。
「坐禅堂で型の如く坐禅をするだけが坐禅ではない。いつ、どこでも、自己の身体と口と意(こころ)を整頓することが坐禅である。」
そして、5か条の自己整頓の心得を伝える。
① 外の物ごとに心を奪われず、泰然として自己の信ずる道を守って動くな。
② 外の物ごと貪着(むさぼりこだわる)するな。一方に貪着すると、必ず他の一方の注意を欠く。油断や恐怖はこんなときに起こる。
③ 自己の才知を頼んで、あれこれ策を樹てるな。常時も非常時も平然として、その心を一にしておれば、どんな異変に遭遇しても、霊妙なる作略が生まれるものだ。
④ 心の見る物量を拡大せよ。心の視界が狭小だと、胆量もまた自然に小量になるから、心で思うことを拡大せよ。
⑤ 勇気を持て。勇猛の心意気はよく白刃をも踏む。反対に柔懦(いくじのない)の身体では、窓の隙間風にも耐えられまい。故に常に心身を鍛えよ。
日々の自分との対話のガイドラインとして多くの示唆を与えてくれる。

  •  田中 愼一

    プロフィール 1978年、慶應義塾大学経済学部を卒業し、本田技研工業株式会社に入社。ワシントン事務所にて米国における政府議会・マスコミ対策を担当した後、1985年には日米自動車貿易摩擦が大きな問題となる中、初代デトロイト事務所長として北米地域における同社の広報戦略立案・展開の責任者となる。1994年、セガエンタープライゼス株式会社に転じ、海外オペレーション部長等を歴任する。 1997年、世界最大のコミュニケーション・コンサルティング・ファームであるフライシュマン・ヒラード(本社:米国セントルイス)に参画、日本法人を立上げ、代表取締役に就任、現在に至る。 企業や組織の事業戦略実現を支える戦略コミュニケーション®分野の第一人者として、多様化するビジネス課題に直面する数多くの日系外資系企業/組織にコンサルティング・サービスを提供している。   ご挨拶 コミュニケーションとは人を動かす「力」です。 会話や意思疎通、相互理解だけではなく、人の意識変化を通じて行動変化を起こさせる力です。人の行動を変えるには、他に金銭的な力や物理的な力があります。 しかしながら、これらの力とは違い、コミュニケーションの力は人の意識変革を通じて人の行動を変えます。この意味でコミュニケーションとは人の行動を変えるための最も効果が高く、効率も良い方法だと言えます。 コミュニケーションの可能性は無限大、狭義のPRの枠を超えて 日本ではPublic Relations(PR)という考え方がメディア・リレーションを中心に、狭い意味で一般的に捉えられています。しかしながら、コミュニケーションというものが人の意識を変え、行動までも変える力として考えるとコミュニケーションの可能性は大きく広がります。実際、世界では様々な創意工夫によって多様なコミュニケーション・コンサルテイングサービスが加速的に生まれています。メディア・リレーションは不特定多数の相手にメッセージを発進する上で引き続き重要なコミュニケーション手法ですが、これからは従来の狭義のPRの枠を超えた新たなコミュニケーションサービスを積極的に模索していく時代になります。 戦略的関係性の構築(Strategic Relationship Management®)の時代、戦略コミュニケーション®のすすめ よく「フライシュマン・ヒラード・ジャパンとは何の会社ですか」と聞かれます。 知っている人でも「フライシュマン・ヒラード・ジャパンは本当にPR会社なのですか」とか言われます。社員からは「自分の親に自分の会社をうまく説明できない」とか「自分は何の会社に入ったのかまだはっきり分からない」、さらには「え!PR会社ってこんなこともやっているのですか」という声を聴きます。この背景はフライシュマン・ヒラード・ジャパンが従来の狭義のPRの枠を超えた様々なお客様の課題にコミュニケーションの視点から取り組んでいるからだと思います。 もちろん、どのような企業であってもお客様に価値を提供する分野をしっかり自覚することは必要です。いわゆる企業ドメインを明確に設定することです。 問題はこの企業ドメインをどう設定するかです。どう設定するかによって事業が伸びるか伸びないかがかなり決まってしまう。小さすぎても大きすぎてもだめです。 フライシュマン・ヒラード・ジャパンはその企業ドメインをStrategic Relationship Management® (SRM®)と設定しています。我々の仕事はお客様が様々なステークホルダーとの間に戦略的関係性を構築できるようサポートすることであると考えています。その鍵は新たなコミュニケーションの専門性を創造し絶えず、イノベーテイブ(INNOVATIVE)なソリューションをお客様に提供し続けることだと信じています。フライシュマン・ヒラード・ジャパンはこのSRM®という視点から、グローバルに展開してきた豊富な経験と実績をもとに、日本独自の多様なコミュニケーション・コンサルテイング・サービスを開発、多くのお客様の課題に積極的に取り組んでいる戦略コミュニケーション・コンサルテイング会社です。

    プロフィールを見る